Contact

製品PRコーナー

日本自働精機株式会社日本自働精機株式会社

日本自働精機株式会社

本社/工場:〒245-0053 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町915番地
TEL: 045-814-7852 FAX: 045-812-1701
富山営業所:〒930-0834 富山県富山市問屋町2丁目4番目5号
TEL: 076-451-8320 FAX: 076-451-8320
E-mail: sales@nafm.co.jp  HP: http//www.nafm.co.jp

昭和33年(1958年)に包装機械設計を主体として発足した約60年の歴史を持つ日本自働精機株式会社は我が国を代表する包装機械のパイオニアとして国内はもちろん、海外においても当社の技術は大きな評価と信頼を得ています。
“ビン、飲料のペットボトル、医薬品、化粧品、食品、日用品、工業製品、一次電池, 二次電池”など店頭を彩るあらゆるパッケージ類、各種商品は私たちの包装機械を通じて世界中に送られています。「より高度なニーズに応える」私たちが自らに課した永遠のテーマです。
日本自働精機株式会社は包装の可能性に挑戦し続けます。

日本自働精機株式会社について

<箱詰機>
CRF-2000型 連続横型 最大300CPM ロータリー式強制箱起こし機構
C-7NR型   連続横型 常用200CPM ダブルサックマシーンによるセットアップタイプカートン専用機
CTC-1000型 間欠横型 常用60CPM バルコニータイプでGMP対策に最適
EVIC型    間欠横型 常用60CPM 主要部の型替えはサーボの為短時間での型替えが可能
VSC-100型  間欠縦型 最大120CPM 多品種生産用半自動縦型箱詰機。製品投入はマニュアル方式

<シュリンク包装機>
SL-900S型  ロータリー式 常用400BPM 駆動系に最新のサーボシステムを導入し、多品種に対応
SW-8型   ロータリー式 多品種少量生産が可能。兼用しながらの生産に最適
AW-100型  常用120BPM コンパクトタイプキャップ、ボディシュリンク機。角ボトル対応
ESE-100型  マンドレル式 100BPM コンパクト設計。型替えはマンドレルの交換のみ10分程度
ESG-150P型 マンドレル式 250BPM 独立型のラベル供給機が付属。型替えが容易

<電池製造設備>
マンガン電池一貫製造ライン
二次電池一貫製造ライン  18650他リチウムイオン電池他

その他ご要望により自動省力化機械の設計製造

Pagetop
Copyright © Japan Packaging Machinery Manufacturers Association All Rights Reserved.